• 当事務所が選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • アクセス
  • 料金表

3ヶ月を超えたあとの相続放棄

3ヶ月を超えた相続放棄でもあきらめないでください!

原則、相続放棄は「相続の開始があったことを知った日から3ヶ月以内」に、家庭裁判所に申述する必要がありますが、例外的に3ヶ月を過ぎていても、相続放棄が認められるケースがあります。

その代表的な例として、「相続人が遺産はないと信じて何もしないでいたら2年後に債権者から連帯保証債務を支払え、との催告書が来た」といったような場合があります。
突然、こんな催告書が送られてくると驚いてしまい、場合によってはその債務の金額が何百万円ということも有り得ますので、途方に暮れてしまうことでしょう。
しかし、ここであきらめてしまって、借金を支払ってしまったり、破産を申し立てるようなことを安易に選択してはいけません

最高裁判例

実は、3ヶ月経過後の相続放棄を可能とする根拠判例として、以下のような最高裁判例があります。

「相続人が遺産がないと信じることに相当の理由があれば、例外的に、相続人が相続財産の全部又は一部の存在を認識した時又は通常これを認識しうべかりし時から起算するのが相当である」(最高裁昭和59年4月27日判決)

簡単に解釈しますと、『被相続人には財産も負債も全くなかったと、当初、疑いなく信じていたような場合で、しかし3ヶ月を経過した後に実は負債があったことが分かった、というような場合においては、その負債の存在を初めて知ったときから、「3ヶ月」の期限がスタートする、と考えるのが相当である』ということです。

相続放棄のプロフェッショナル

私たち「大阪相続放棄相談所」は、この判例の主旨を拠り所として、多くの「3ヶ月経過後」の相続放棄を成功させてきました。ただし、あくまでこれは「例外的」な事情がある場合のことですので、通常の3ヶ月以内の相続放棄に比べると、より一層の注意が必要になることは言うまでもありません。

このように、3ヶ月経過後の相続放棄は専門的な判例解釈が必要となるケースが多く、一般の方にはかなりハードルが高い手続であることは間違いありませんので、3ヶ月経過後の相続放棄については、専門家に依頼されるほうが得策だと思われます。

3ヶ月経過後の相続放棄については、まずは「大阪相続放棄相談所」にご相談ください。

フリーダイヤル