• 当事務所が選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • アクセス
  • 料金表

単純承認

期限は3ヶ月!本当に相続してだいじょうぶ?

単純承認とは被相続人(亡くなった人)の全財産を「無制限」に相続することです。
全ての財産の中にはプラスの財産(預金や不動産など)とマイナス財産(借金など)があり、これらを「無制限」に相続することになります。

相続人が「相続財産の全部又は一部を処分したとき」,たとえば、「被相続人名義の不動産を売却した」、「被相続人の銀行預金を解約した」、「被相続人のローンの支払いを引き継いだ」、などの行為をしたり、「相続を知ったときから3ヵ月を越えてしまった」場合などに、「単純承認」したものとみなされてしまいます。

ただし、どうしても3ヶ月以内に「相続するか、放棄するか」を決めれない場合は、決めるために被相続人の財産・負債を調査したり考えたりする期間(熟慮期間)を伸長する申立てを、この3ヶ月の期間内に行なうことができます。

フリーダイヤル