限定承認との違い

「相続放棄」と「限定承認」はどう違う?

「相続放棄」とは、相続財産中の「プラス財産」も「マイナス財産」も、全部まとめて「放棄」することです。

それに対して「限定承認」とは、「プラスの財産」を限度として「相続する」ことです。
つまり、相続する「マイナスの財産」(借金など)が、相続する「プラスの財産」(預金や不動産など)よりも多い時には、「プラスの財産」の金額を限度として、被相続人の借金などの支払義務を負うという、いわば「限定付き」の相続のことをいいます。

限定承認をする場合には、以下の条件が必要となります。

 相続人「全員」が、一度に家庭裁判所に申し立てをする

 相続開始を知った日から「3ヶ月以内」に家庭裁判所に申述する(ただし期間伸長申立てが可能です)

 一定期間内に官報公告(内閣府発行の広報紙)へ掲載、2ヶ月間、公示する必要がある

 知れたる債権者や受遺者に対して、個別の催告が必要となる

 被相続人の財産の中に不動産が含まれる場合は、原則、譲渡益相当額の所得税が課税される
(不動産などの値上がり益が精算されると考えるため)

どんな時に限定承認すればいいの?

限定承認の手続きが有益なケースとしては、以下のようなものが考えられます。

 被相続人の借金の有無や総額が不明な場合

 相続財産の範囲内であれば借金を引き継いで良いと思える場合

 借金を把握でき、返済できる場合

 借金を相続してもなお、どうしても相続したい相続財産があるような場合

繰り返しになりますが、「相続放棄」とは、預金・不動産・借金を全部まとめて「相続しない」という方法です。「限定承認」とは、相続した人が、プラスの相続財産から被相続人の借金などを全部精算して、なお財産が余ればそれを「相続する」という方法です。いずれにしても、相続発生後すぐに「相続財産の調査」を行い、相続する・しないの判断をなるべく早く行なうこと、に尽きます。

  限定承認 相続放棄
メリット
  • 相続財産の範囲内のみで借金を負えば足りる
  • 亡くなったひとが債務超過の状況にあった場合であっても、相続人は自己の固有の財産を守ることができる
  • 相続の効力を一切自己に及ばないようにすることができる
  • 相続人は自己の固有の財産を守ることができる
  • わずらわしい相続手続きを一切行わなくてよい
デメリット
  • 亡くなったひとから相続人への相続財産の時価による譲渡とみなされるので、含み益は譲渡所得として課税されてしまう
  • 手続きが複雑
  • 財産は一切相続できません
状況
  • 相続財産が債務超過の状況にあるか否か不明な場合
  • どうしても相続財産の中で必要なものがある場合
  • 相続財産が借金など超過の状況にあることが明らかな場合
申し立て
  • 相続人全員が共同で一度に申述
  • 各相続人単独で申述が可能

「限定承認」はとにかく、財産ひとつ処分をするにも手続きが必要なうえに、事務処理も多く手続きが煩雑となりますが、
どうしても必要な財産(たとえば自宅、事業に必要な財産)があるときには、限定承認をすることによって、相続人が被相続人の借金の肩代わりをする恐れがなくなり、必要な財産を手にすることができる可能性が高くなります。

このように「相続放棄」と「限定承認」には「相続する・しない」の点において、決定的に違います。
100人いれば100人に相続が起こり、言わば100通りの相続があります。
事案や状況に応じて最善の相続となるために当事務所の無料相談をご活用ください。

相続放棄の
無料相談はこちら
TEL 0120-151-305
受付時間
平日 / 09:00~21:00
土日 / 10:00~17:00

ページトップ