相続放棄と遺産分割協議との違い

「最初から相続人ではなくなる相続放棄」と、「相続人として参加する遺産分割協議」は、まったく違います!

「相続放棄をして、財産をいらないって言うのと、遺産分割協議で財産をいらないって言うのは、どこがどう違うの?」というご質問をいただくことがあります。

まず「相続放棄」とは、「亡くなった父の財産も借金も、何もかも相続したくないので、最初から相続人ではなかったことにしてください」と、国の機関である家庭裁判所に申述をして、家庭裁判所に認めてもらうことを相続放棄いいます。

それに対して「遺産分割協議」とは、自身が相続人であることを認めたうえで、「この財産と負債は相続しません!」と、他の相続人と話し合って決定することをいいます。

つまり相続放棄とは、「相続人ではないことを国に認めてもらい、財産や負債と無関係になる手続き」であり、遺産分割とは、「相続人であることを自身で認めたうえで、財産も負債もいらないと、相続人どうしで決める手続き」、ということになります。

遺産分割協議は、あくまで相続人どうしで決めたことにすぎない

上記のように、相続放棄と遺産分割が全く違うことがおわかりになると思います。

なお、遺産分割協議の中で、たとえば「相続人Aは、亡くなった父の銀行からの借入金は相続しない」という条項を定めて、他の相続人全員から合意を得たとしても、その合意は、銀行を拘束するものではありません。

つまり、銀行は、相続人全員に対して「Aさんを含めた相続人の皆様、亡くなったお父様の借入金を返済してください」と請求することができるのです。
なぜなら、遺産分割協議は、「あくまで相続人どうしで決めたことにすぎない」ので、銀行にとっては関係のないことだからです。

誰に対しても「財産も負債も相続していません。私は相続人ではありません!」と胸を張って言うためには、やはり相続放棄が必要となります。

相続放棄の
無料相談はこちら
TEL 0120-151-305
受付時間
平日 / 09:00~21:00
土日 / 10:00~17:00

ページトップ