相続人の順番

相続放棄と相続する順番

借金を残して親、子供や兄弟などが亡くなった場合に、相続放棄をするべき人は相続人です。相続放棄では、「相続人が誰か」、ということが重要なポイントになってきます。また、相続放棄を誰かがすると場合によっては、他のかたが相続人になってしまうケースもあります。

どういった場合、誰が相続人となるのでしょうか?

例えば、夫と妻と子供という家庭において、妻が亡くなった場合、夫と子供が相続人となります。
また、亡くなったひとが未婚で子供もいないような場合、その親が相続人となります。
その親も亡くなっている場合は、被相続人の兄妹が相続人となります。

順番

相続する順番図

 第0順位.配偶者(夫、妻。常に相続人)

 第1順位.子供(子供が死亡している場合は孫)

 第2順位.親以上の祖父、曽祖父・・・直系尊属
(第1順位の相続人が誰もいない時のみ)

 第3順位.兄弟姉妹
(第1順位、第2順位の相続人が誰もいない時のみ)

※上記は民法上の原則的な相続関係となります。代襲などを原因として相続人が異なってくる可能性があります。

つまり、第1順位の相続人全員が相続放棄をすれば、第1順位の相続人がいない状態になるため、第2順位に相続権が移り、第2順位の相続人全員が相続放棄をすれば、第2順位の相続人がいない状態になるため、第3順位に相続権が移ります。

また、それぞれの順位の相続人が、被相続人より先に死亡しているような場合は、その子が「代襲相続人」として、相続権を取得することもあります。

親戚にも相続放棄をしてもらわないといけないが、どこまで相続放棄をしてもらうべきか、よくわからない」という方は、ぜひ一度、無料相談をご利用ください。相続放棄が必要な相続人の範囲や、ご親戚への連絡方法などについて、詳しくお答えしております。

相続放棄の
無料相談はこちら
TEL 0120-151-305
受付時間
平日 / 09:00~21:00
土日 / 10:00~17:00

ページトップ