債務整理・過払い金の確認

相続放棄だけが、借金解決の方法ではありません!

被相続人が残した借金やローンなどの「マイナスの財産」は、「相続の開始があったことを知ったときから3ヶ月以内」に相続放棄の申立てをしない場合、原則として相続人が借金を継承します。

しかし、単純に借金と言っても、亡くなられたかたの借金の調査(貸金業者から取引明細を取り寄せ、正しい利息で再計算をする 等)をしてみると、実務的には、法の上限を超えるような金利で、長年のあいだ支払いを続けておられた方が、思いのほか数多くいらっしゃるのが実情です。

そのため、たとえば貸金業者と故人との契約上、残っている借金が75万円となっている場合であっても、故人が最初に借入れをした日から、最後の取引日までの利息を利息制限法に基づいて再計算してみると、実は120万円以上の過払い金があり、結果として相続人が故人を相続することによって、貸金業者から過払い金を取り戻すことができた、などの事例があります。

債務整理・過払い請求の検討

相続放棄をご検討される際には、債務整理・過払い請求を一度検討される必要があると言えます。

以上のことから、プラス財産とマイナス財産のバランス、仮に相続放棄をせずに、故人を相続してから、貸金業者に過払い請求をした場合、いったいどれくらいの金額を請求できるのか、もしくは法に基づいて債務を整理する交渉を貸金業者とした場合、どれぐらい借金が減額できるのか・・・など、3ヶ月中に検討する事項は多岐にわたる場合があります。

ご自身で判断することが難しいと思われる場合は、ぜひ一度、お気軽にご相談ください。

※なお、債務整理・過払い請求などに関しては、下記サイトでもご相談を承っております。

大阪債務整理・自己破産相談所webサイトへ

相続放棄の
無料相談はこちら
TEL 0120-151-305
受付時間
平日 / 09:00~21:00
土日 / 10:00~17:00

ページトップ